着床しやすくすることと各種運動の良し悪しについて

妊娠するために大切な着床しやすい環境づくり、運動もその中のひとつです。普段から運動習慣がある人もいますが、現代人は運動不足と言われています。

着床しやすい環境づくりには適度な運動は大切になり、激しい運動は妊娠しづらくさせてしまいます。その違いを確認していきましょう。

妊娠しやすい体に向けて運動がどう影響するの?

まず、妊娠するためには女性ホルモンの働きが必要不可欠です。女性ホルモンによって生理周期を整え、着床しやすい子宮内膜へと子宮を変化させます。

そして、女性ホルモンの働きを促すために必要なホルモンは、血液に乗って運ばれています。運動は、血流を良くする効果がありホルモンの運搬を促し、全身の細胞に刺激を与えることでホルモンの分泌をより活性化させると言われています。

ただし、ここでいう運動は適度な運動で、激しい運動ではありません。

着床しやすい子宮の変化には血流が良い事も大切なため、スポーツによって全身の血流が良くなることは、妊娠しやすい身体づくりに効果的です。

激しい運動は妊娠にどう影響するの?

激しい運動をすることで妊娠するために働いて欲しい女性ホルモンよりも、男性ホルモンが上昇します。

ただし、体脂肪率がある程度ある方では、男性ホルモンも女性ホルモンへと脂肪組織で変換させるのですが、激しい運動をする方に多い体脂肪率が顕著に低い方では、うまくこの働きができません。

そのために、女性ホルモンの働きが弱まってしまいます。また、激しい運動によって放出されるホルモンが女性ホルモンの分泌をくるわせ、無月経の原因となると考えられています。

これによって、生理不順や無月経の原因となると考えられています。着床しやすくするためにも、運動は激しいものは避けましょう。

激しい運動としては耐久スポーツのトライアスロンやマラソン、過剰なエアロビクスなどです。着床しやすい環境とするためにはランニングも過剰に行うことは止めておきましょう。心拍数が130回/分以上となるような運動は避けましょう。

適度な運動はどんなもの?

着床しやすい環境づくりに良いとよく言われているウォーキング以外にも、ヨガやストレッチなども適度な運動に含まれます。

子宮の変化には、前述したように血流が良くなる事が大切です。子宮のある骨盤内には骨盤底筋群と呼ばれる筋肉群があり、この筋肉が凝っていると血流を邪魔してしまいます。

現代の日本人は昔に比べ、この骨盤底筋群を使用せずに生活していると言われています。着床しやすい環境とするためにも、骨盤底筋群のストレッチを含めた全身のストレッチは血流を良くするのでお勧めです。

これと同じ理由で着床しやすい環境にするために、ヨガも良いでしょう。温かい環境で行い、さらに血流を良くする効果があり、着床しやすい環境にするためには、ホットヨガも良いでしょう。

着床時の運動はしてもいいの?

着床時期は妊娠に気づかない時期でもあります。この時期に運動することが、妊娠に影響するとお考えの方もいらっしゃいます。

排卵から着床するまでに、約1週間と言われていますが、性交や受精卵となるタイミングなど考えると約7~10日とバラつきがあり、いつ着床するかは分かるものではありません。

その期間の過ごし方については、多くの医師が普段と同じように過ごすことを推奨しています。もちろん激しい運動は、上記の理由もありおすすめはしません。

様々な運動と着床についてのまとめ

着床しやすい環境にするためには、激しい運動は避け、適度な運動を生活に取り入れていきましょう。

適度な運動は血流を良くするとともに、正常なホルモンの働きを促す効果があります。

さらに、この効果を助けるものとして葉酸サプリがあります。葉酸サプリは新しい血液をよりよい状態に作るよう働き、着床しやすいように変化する子宮によりようい状態になるよう働きます。

適度な運動とともに、葉酸サプリを取り入れることで、さらに着床しやすい環境づくりをすることができます。

なぜ葉酸サプリなのか?

妊活中・妊娠中の葉酸摂取の重要性

葉酸は赤血球を作るために必要な成分です。葉酸には細胞分裂や増殖を促す効果があります。ゆえに葉酸摂取は血流対策に良く着床率を上げるのに貢献してくれると言えます。

また、葉酸にはDNAのコピーを正常に行う働きがありDNAの異常を防ぐ役割があります。葉酸が不足することで子供の先天性異常(無脳症や二分脊椎)になる可能性が高くなります。

ですから、葉酸は、着床率を上げるためだけではなく、妊娠を予定している女性~妊娠中の女性まで摂取しておく習慣があった方が良く、その事は厚生労働省も推奨しています

食事からではなく、葉酸サプリで葉酸摂取すべき理由。

葉酸は熱に弱く、水溶性なので、通常の食事からの摂取は非常に難しく利用効率は約50%であると言われているのに対し、葉酸サプリメントから葉酸を摂取する場合、利用効率は約85%と言われているからです。

どんな葉酸サプリメントが良いのか?

葉酸サプリだからと言って何でも良いというわけではないです。衛生管理の行き届いていない工場で雑に生産されていないか、余分な添加物が加えられていないか、残留農薬は大丈夫か、更には最近は放射能汚染も気になりますよね。

葉酸が含まれているからと言って、葉酸以外で身体に害が及ぶ可能性のある商品は避けるべきです。

そういった観点から商品を絞り込んでいくとお勧めできる葉酸サプリメントはかなり限られてきます。

その絞り込んだ葉酸サプリメントの中でも、人気が高く、お勧めできるのはゲンナイ製薬株式会社の高品質葉酸サプリ、プレミン(厚生労働省推奨の葉酸量400μg含有)です。 プレミンは

  • 酵母葉酸ではなく、厚生労働省推奨モノグルタミン酸型葉酸を400μg含有。
  • 全成分原産国・最終加工国開示。
  • 第三者機関による検査実施。ヒ素、鉛、残留放射能(セシウム)、ヨウ素が検出されていないことが証明されている。
  • 食物アレルギー検査実施。卵、小麦、乳、そば、落花生、甲殻類、水銀、残留農薬の全てが検出されていません。
  • 国内有数のNSF GMP認定工場で製造。
  • トランス脂肪酸、保存料、着色料、カフェイン、防カビ剤、香料、甘味料、苦味剤…これら全てゼロ。
また、プレミンは葉酸だけしか摂れないサプリではなく、ビタミンC(+100mg)、マグネシウム(+100mg)、鉄(+15mg)、カルシウム(+250mg)も配合されているので栄養不足予防にもプラスになります

お得な定期便でも回数縛りがありません。ですから気に入らなければ翌月分を即解約可能。お得な価格で気軽に試せます。

コスト、品質、含有成分、信頼感、試しやすさなどを総合的に見て、プレミンがナンバーワンの葉酸サプリと言って良いと数々の葉酸サプリメントを見てきた私は思います。

プレミン体験者の口コミ1
<妊娠前からの葉酸摂取で、母体も赤ちゃんも健康に>

子作りを意識し始めてから、妊活に良い事は何でも取り入れようと色々調べたところ、葉酸が妊娠・出産にとても大事な栄養素だという事を知りました。葉酸は流産や死産、胎児の先天異常のリスクを減らしてくれる大事な栄養素であり、特に妊娠初期から重要な役割を果たすということで、私も妊娠前から欠かさずプレミンを服用していました。

やはり食べ物からだけではたくさん摂取するのは大変ですし、どのくらいの量が摂れているかはっきりわからないのは不安になります。その点プレミンだと必要量を手軽にしっかり摂ることができますし、特に悪阻中は食べること自体ができない時期もあったので、本当に助かりました。

妊娠前からきちんと葉酸を摂っていたことは、色々不安になりやすい妊婦生活では安心感を与えてくれ、自信にもなりました。また、妊娠中・出産後と一度も貧血にならなかったのも、造血に効果のある葉酸をしっかり摂っていたおかげだと思います。

私は3人出産しましたが、3人とも妊娠中・授乳期と欠かさずプレミンを摂りました。何の問題も無い元気な妊婦生活に、楽なお産、そして健康な赤ちゃんを授かれたのはプレミンのおかげだと思っています。
プレミン体験者の口コミ2
<プレミンのおかげで第一子を授かりました>

私は30歳を過ぎてから夫と職場恋愛で結婚したのですが、夫の希望で結婚後はすぐに子供が欲しいという事で子作りに励んだものの、思うような結果を得る事は出来ず、悩んでいました。

一時は夫の同僚の方の奥様が利用した総合病院の産婦人科の不妊治療外来を受診したのですが、不妊治療外来に通っても子供を授かる事が出来ずに悩んでいた時に出会ったのが、プレミンだったのです。

プレミンをインターネットの通販サイトで試しに購入し、用量を守りながら毎日飲んでみたところ、それまで何をしても赤ちゃんを授かる事が出来なかったのに、プレミンを飲み始めてからわずか4週間目で無事に長女を授かる事が出来ました。

引用元:着床しやすくするには?着床率を上げる方法ナビトップページ