着床しやすくするには

子供を授かりたいという人が気になる事と言えば、着床しやすくするにはどうしたらいいのか?着床率を上げるにはどうすればよいのか?ということだと思います。

本サイトでは、まず自分で取り組めることをズバリ簡潔にお教えします

着床しやすくするために貴女が自分で出来ること。(厳選!)まずはこの3つをやってみよう!

1.排卵期以降の子宮内膜を柔らかく厚くする
子宮内膜を柔らかく厚くするためにはそれに影響している黄体ホルモンの働きを良くする必要があります。
自分でできる黄体ホルモン対策は、ホルモンに影響している自律神経を乱れないようにするということです。

生活のリズム、規則正しい睡眠、過度なストレスを避ける、バランスの良い健康的な食生活などを心がけることで黄体ホルモン対策となります。

2.血流を良くする
自分で血流を良くするためにできることには

「半身浴や足浴を行う」、「毛糸パンツやゆるめの靴下を活用」、「白湯で水分補給するようにする」、「ストレッチでコリを解消させる」、「散歩など軽めの運動を無理なくとりいれる」、「バランスの良い食事で栄養バランスに留意する」、「規則正しい生活でホルモンの働きを正常にする」

などがあります。

3.葉酸を摂る
葉酸は赤血球を作るために必要な成分です。葉酸には細胞分裂や増殖を促す効果があります。ゆえに葉酸摂取は血流対策に良く着床率を上げるのに貢献してくれると言えます。

また、葉酸にはDNAのコピーを正常に行う働きがありDNAの異常を防ぐ役割があります。葉酸が不足することで子供の先天性異常(無脳症や二分脊椎)になる可能性が高くなります。

ですから、葉酸は、着床率を上げるためだけではなく、妊娠を予定している女性~妊娠中の女性まで摂取しておく習慣があった方が良く、その事は厚生労働省も推奨しています

なぜ葉酸サプリなのか?

まず大前提として言えるのは、貴女自分が、ストレス無く、健やかでいることが一番大事であるということです。

着床しやすくするためにと様々な事が提唱されていますが、どんな取り組みも精神的負荷(ストレス)を感じることなく取り組むということを意識するようにしてください。

葉酸の摂取については厚生労働省が推奨していると書きましたが、具体的には葉酸サプリメントからの摂取を推奨しています。

それには具体的な根拠があります。

葉酸は熱に弱く、水溶性なので、通常の食事からの摂取は非常に難しく利用効率は約50%であると言われているのに対し、葉酸サプリメントから葉酸を摂取する場合、利用効率は約85%と言われているからです。

 

どんな葉酸サプリメントが良いのか?

葉酸サプリだからと言って何でも良いというわけではないです。

衛生管理の行き届いていない工場で雑に生産されていないか、余分な添加物が加えられていないか、残留農薬は大丈夫か、更には最近は放射能汚染も気になりますよね。

葉酸が含まれているからと言って、葉酸以外で身体に害が及ぶ可能性のある商品は避けるべきです。

そういった観点から商品を絞り込んでいくとお勧めできる葉酸サプリメントはかなり限られてきます。

その絞り込んだ葉酸サプリメントの中でも、人気が高く、お勧めできるのはゲンナイ製薬株式会社の高品質葉酸サプリ、プレミン(厚生労働省推奨の葉酸量400μg含有)です。

プレミンは

  • 酵母葉酸ではなく、厚生労働省推奨モノグルタミン酸型葉酸を400μg含有。
  • 全成分原産国・最終加工国開示。
  • 第三者機関による検査実施。ヒ素、鉛、残留放射能(セシウム)、ヨウ素が検出されていないことが証明されている。
  • 食物アレルギー検査実施。卵、小麦、乳、そば、落花生、甲殻類、水銀、残留農薬の全てが検出されていません。
  • 国内有数のNSF GMP認定工場で製造。
  • トランス脂肪酸、保存料、着色料、カフェイン、防カビ剤、香料、甘味料、苦味剤…これら全てゼロ。

また、プレミンは葉酸だけしか摂れないサプリではなく、ビタミンC(+100mg)、マグネシウム(+100mg)、鉄(+15mg)、カルシウム(+250mg)も配合されているので栄養不足予防にもプラスになります

お得な定期便でも回数縛りがありません。ですから気に入らなければ翌月分を即解約可能。お得な価格で気軽に試せます。

コスト、品質、含有成分、信頼感、試しやすさなどを総合的に見て、プレミンがナンバーワンの葉酸サプリと言って良いと数々の葉酸サプリメントを見てきた私は思います。

プレミン体験者の口コミ1
<妊娠前からの葉酸摂取で、母体も赤ちゃんも健康に>
子作りを意識し始めてから、妊活に良い事は何でも取り入れようと色々調べたところ、葉酸が妊娠・出産にとても大事な栄養素だという事を知りました。葉酸は流産や死産、胎児の先天異常のリスクを減らしてくれる大事な栄養素であり、特に妊娠初期から重要な役割を果たすということで、私も妊娠前から欠かさずプレミンを服用していました。

やはり食べ物からだけではたくさん摂取するのは大変ですし、どのくらいの量が摂れているかはっきりわからないのは不安になります。その点プレミンだと必要量を手軽にしっかり摂ることができますし、特に悪阻中は食べること自体ができない時期もあったので、本当に助かりました。

妊娠前からきちんと葉酸を摂っていたことは、色々不安になりやすい妊婦生活では安心感を与えてくれ、自信にもなりました。また、妊娠中・出産後と一度も貧血にならなかったのも、造血に効果のある葉酸をしっかり摂っていたおかげだと思います。

私は3人出産しましたが、3人とも妊娠中・授乳期と欠かさずプレミンを摂りました。何の問題も無い元気な妊婦生活に、楽なお産、そして健康な赤ちゃんを授かれたのはプレミンのおかげだと思っています。

プレミン体験者の口コミ2
<プレミンのおかげで第一子を授かりました>
私は30歳を過ぎてから夫と職場恋愛で結婚したのですが、夫の希望で結婚後はすぐに子供が欲しいという事で子作りに励んだものの、思うような結果を得る事は出来ず、悩んでいました。

一時は夫の同僚の方の奥様が利用した総合病院の産婦人科の不妊治療外来を受診したのですが、不妊治療外来に通っても子供を授かる事が出来ずに悩んでいた時に出会ったのが、プレミンだったのです。

プレミンをインターネットの通販サイトで試しに購入し、用量を守りながら毎日飲んでみたところ、それまで何をしても赤ちゃんを授かる事が出来なかったのに、プレミンを飲み始めてからわずか4週間目で無事に長女を授かる事が出来ました。

まずは着床しやすくするためにこれらを実践してみてください。

これでも思うような結果を得ることが出来ない場合は、医師に相談するなど、西洋医学の専門家に相談するのが一つの手段であると言えます。

ただ、着床に関しては、「不妊治療を辞めて精神的ストレスから解放されたら、その後に授かった。」というケースも数多くあります。

赤ちゃんは授かりものであるという気持ちでとにかく心穏やかに意気込み過ぎないようにしてください。出来ることを無理なく行い、赤ちゃんとのご縁を待つのが一番です。良い方向に状況が進みますように…

他でも無い私自身が妊活中にプレミンを飲んでいた一人。妊活中にプレミンを飲んだら基礎体温のグラフが綺麗に波打つようになって冷え体質を克服できました。

少なくとも30代前半までに初めての子供を授かりたかったのですが、学生の若い時分から暖かい時期でも末端冷え性に悩む事が多く、風邪もひきやすい体質だったので、妊娠しやすい体質へ改善する目的でプレミンを妊活2か月目から摂り始めました。

以前は基礎体温が低いままで排卵期のリズムが分かりくく子作りの計画が立てにくかったですが、プレミンを飲み始めたら血の巡りが全身に満遍なく行き渡るようになったようで、体温のグラフも婦人科の医師に褒められるほど高温期と低温期が綺麗に分かれるようになり、生理も規則的に来るようになったのはとても嬉しかったです。

やがてプレミンを服用して約半年で念願の自然妊娠が叶ったのですが、飲んでなかった頃に比べて何となく身体の免疫力も上がったような気もするので、今でも健康対策の一環として飲み続けています。

 

 

 

 

 

 

着床とは~着床しやすくすることと妊娠との関連について

赤ちゃんを授かることを希望する人に、知ってもらいたい妊娠の経過の中に着床があります。

妊娠を希望するにあたって、着床という言葉を聞いたことがある人もいらっしゃると思いますが、卵子と精子が出会い、融合できたとしても卵巣内の適切な場所に着床しなければ赤ちゃんをお腹の中で育てることができません。

卵子と精子が融合したものを受精卵とよび、この受精卵になることだけでも、かなりの難関ですが、せっかく結合できた受精卵が着床しなければ妊娠の継続ができないとなると、2つめの関門とも言えるかもしれません。

先ほど大まかに着床についてご説明しましたが、さらに詳しく着床についてご説明させて頂きたいと思います。

女性の生理周期はおおよそ4週間、約30日間と言われています。その中でも排卵期と呼ばれるのは、次の整理予定日の約2週間前にあたる日を含めた前後3日間しかありません。

その期間に卵子と精子の核が融合することで受精卵となります。
chakusho1
多くの人は、この時点で妊娠ができていると考えていらっしゃる方もおりますが、実際はこの次の段階の着床も重要となってきます

そもそも女性の体の中で卵子が放出され、受精卵となるのは子宮に行くトンネルの入り口のような場所である卵管采と呼ばれるところです。

しかし、妊娠を継続するためには、受精卵が子宮内に着床することが大切となってきます。

そのためには、受精卵が卵管采から卵管というトンネルを通り子宮にたどり着く必要があります。

受精卵の性質として、受精後約3日間は漂っていられますが、それを超えてくると徐々に絨毛という定着するための根のようなものがでてきます。

この根が定着するのが、受精後約7~11日目と言われています。この間にも受精卵は細胞分裂を行い、胎児となるべく発育しながら卵管を移動してきます。この受精後約7~11日目に子宮内に定着することを着床と呼びます。

なぜ葉酸サプリなのか?

しかし、子宮よりさらに外に出てしまっていては、受精卵は体外に排出されてしまいます。

また、受精卵が子宮まで降りられずに卵管にて定着してしまうと、子宮外妊娠となり母体に危険が及びます。

そのためにも、受精後約7~11日目に子宮内に着床することがとても重要になります。おおよそ2日間、48時間をかけて、受精卵は卵管を移動するといわれています。

この受精後7~11日目というのは、子宮内にて着床しやすいように変化している時期になります。

具体的には、子宮の内側にある子宮内膜が受精卵の到着に備え、柔らかく厚くなります。その厚くなった子宮内膜に受精卵は定着します。

子宮内膜に定着した受精卵は絨毛によって、子宮内膜の中へ中へと、受精卵が深くへもぐり込む準備をします。

そして、絨毛は子宮内膜の奥の、母体の血管から受精卵が成長し胎児となるために必要な酸素や栄養を受け取るようになり、着床が完了します。

この卵子と精子の融合から、着床までを経て、妊娠の成立といいます。着床しなければ受精卵は栄養も酸素も得ることができず、成長できなくなります。そのために着床はとても重要になりますが、着床しづらい状況としては、子宮内膜が柔らかく厚くなるように変化できていないことが言われています。この子宮内膜の変化には黄体ホルモンという女性ホルモンが関わってきており、この黄体ホルモンは子宮内膜を柔らかく厚くする働きを持っています。他のホルモンも子宮内膜の発達にも影響を持っていますが、特に妊娠を継続させるためにはこの黄体ホルモンが重要といわれています。

ここで、着床ではなく子宮外妊娠について、説明させていただきます。

子宮外妊娠は子宮以外で着床してしまい、受精卵が成長できない状態になります。子宮外妊娠のおよそ98%が卵管に受精卵が定着している状態です。

他には、卵巣や子宮頚管という子宮の体外とのトンネルや、腹腔で起こります。子宮以外では、受精卵は母体からの栄養を得ることができないので、妊娠の成立ができません。

そのために、流産になり不正出血や下腹部痛の症状がみられます。

また、流産となるだけではなく、卵管破裂といい卵管から損傷してしまうと、腹腔内に大量に出血する可能性もあり、強烈な腹部痛に襲われることもあり意識を失う可能性もあり、放置した場合は死に至ることもあります。

chakusho5
卵管破裂となった場合、状況によっては卵管摘出手術を受ける必要があります。

そうなった場合は、卵管摘出した側の卵巣からの排卵の受精率は下がり、摘出する前の妊娠率より20~30%下がるといわれています。

子宮外妊娠以降の妊娠率を維持するためにも医師による診察で判断できるので、妊娠が疑わしい場合は、医師の診察を受けるようにしてください。

このように妊娠成立するためには、排卵期に卵子と精子が融合し受精卵となり、それが卵管を通り子宮にたどり着き着床しなければなりません。

受精卵が卵管を通過し、子宮内膜が柔らかく厚くなった状態が着床する上でとても重要になってきます。

なぜ子宮内膜が柔らかく厚くなることで着床しやするなるのかという根拠や、さらに詳しく子宮内膜を柔らかく厚くするための私たちの体に備わった働き、それを外から助ける方法、妊娠を希望する人に大切な栄養素について説明させていただきます。

黄体ホルモンの働きだから、自分にはどうすることもできないなんて、あきらめる必要はありません。自分でできる方法がありますので、生活の中に取り入れていくことで、心も体も生活も赤ちゃんを迎える準備をすることができます。

同時に私の二人目を授かるまでに行っていた、自分でできる方法をご紹介させて頂きたいと思います。

私は一人目は特に悩むこともなく授かることができたのですが、二人目をなかなか授かることができずに、10年が過ぎていました。

不妊治療を開始することも検討しなければいけないと感じていましたが、自分にできることから始めようと思い、生活改善に取り組みを始めてから2年目で二人目を授かることができました
なぜ葉酸サプリなのか?

着床しやすくする方法

着床率があがる子宮内膜は11.9㎜以上

アメリカで行われた研究から、この数字がはじき出されました。

体外受精時にhCG注射を注入した時の子宮内膜の厚さ別による妊娠率について、『Shady Grove Fertility Reproductive Science Center、Georgetown University』アメリカ産婦人科共同研究チームが、1294治療周期を対象とし2002年~2005年に後ろ向き研究により調査し、生殖医療専門誌に発表しているデータがあります。

これは体外受精時ということで自然妊娠とは異なりますが、自然妊娠時には子宮内膜の厚さは適切に測ることが困難なため、着床率が妊娠にかかわる数値としての目安にすることができます。

このアメリカの産婦人科共同研究チームの研究によると、全1,294治療周期のうち864周期で妊娠(心拍確認)が認められましたが、そのうちの110周期は自然流産してしまいました。
usagi.ai
発表時点でまだ出産にはいたらず妊娠中だったのが190周期、妊娠し出産に至ったのは564周期は出産にいたりました。

この研究では体外受精をするための採卵前にhCG注射を行います。

その際の超音波検査(エコー検査)を用いて子宮内膜の厚さを計測し、妊娠との関連を調査した結果として、妊娠することができた周期の内膜厚は平均11.9mm、妊娠することができなかった周期の内膜厚は平均11.3mmと子宮内膜の厚さに違いがあることが判明したのです。

この数字が表すように、子宮内膜の厚さが厚い程、着床に至り妊娠する確率が高くなる傾向が判明しました。

また、子宮内膜が厚さが8㎜の場合は、妊娠できた割合は53.1%になり、約1/2の割合での妊娠となりました。しかし、子宮内膜が16㎜になると妊娠できた割合は77.0%と約2/3が妊娠できる確率があがるという結果もでています。妊娠後の出産につながった確率では、子宮内膜が8㎜は44.9%、子宮内膜が16㎜では67.6%と違いがこちらにもみられることが判明しています。

このように子宮内膜が厚いことで、妊娠にいたる確率も、その後の出産にいたる確率もあがることが研究で判明しています。

そして、その研究にて子宮内膜が11.9㎜以上と数字がでていますが、非排卵時に子宮内膜8㎜以上、理想では10㎜以上があれば着床しやすいと言われています

※言葉の解説:hCGは妊娠時に分泌される糖タンパク質でヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンで、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌を促す作用があります。

子宮内膜を柔らかく厚くするのは黄体ホルモン

黄体ホルモンが子宮内膜を厚くすることについては今までも説明させていただいていましたが、女性ホルモンには卵胞ホルモンという女性ホルモンも妊娠にはとても大切なホルモンとなってきます。

これらの女性ホルモンの働きや、それがどういう周期でどのように働くのかを知ることで、着床しやすい子宮内膜の形成が、どのように体の中で行われているのかを知るためには、とても重要になります。

まず、妊娠しない場合の生理周期での黄体ホルモンと卵胞ホルモンの働きについて確認してみましょう。生理の周期は30日前後です。

この30日前後の期間を4つの期間に分けます。まず月経期、卵胞期、排卵期、黄体期という4つの期間を繰り返し、定期的に生理がめぐってきます。

そして、この4つの期間に体の変化として卵胞が成長していくことだけではなく、子宮内膜が厚くなったり、基礎体温があがったりというような変化があります。

すべての変化のきっかけとなるのは女性ホルモンの働きです。
chakusho3
この生理を起こすきっかけとなるがの、脳からでているホルモンになります。この脳からでているホルモンで卵胞が成長します。

そして、この卵胞から卵胞ホルモンが出てきて子宮内膜が増殖しはじめます。この時期を卵胞期と呼びます。

また、脳から違うホルモンがでて成長した卵胞から卵子を排卵し、この時期を排卵期と呼びます。この排卵後から卵子を出した卵胞が黄体に変化し、黄体ホルモンをだします。

この黄体ホルモンが子宮内膜を厚くし、体温が上昇することで高温期と呼ばれる時期でもある、黄体期となります。

妊娠が成立しなかった場合は、ホルモンの分泌が低下していき、子宮内膜が剥がれ落ち生理をむかえ、月経期となります。

このようなサイクルを女性は繰り返し、妊娠に備えています。

着床のために、排卵期以降に子宮内膜を柔らかく厚くするために、作用しているのが黄体ホルモンの働きであるということが分かります。

排卵した卵子が受精卵となり、新鮮なフカフカなベッドとして子宮内膜で迎えられるように、ホルモンによってコントロールされています。

このようなホルモンの働きは体内で、無意識の中で行われているので、自分では管理できないと感じる方もいるかもしれませんが、ホルモンの働きをよくするために自分でできることもあります

ホルモンの働きをよくする生活改善
先ほどもご説明しましたが、女性ホルモンである黄体ホルモンや卵胞ホルモンの放出を促すホルモンがでているのは脳です。この脳のホルモンを出すところの働きとしては、自律神経を司る働きももっています。この自律神経が乱れてしまうと、脳もそれを整える方に働き、機能が低下していまいます。ここで私たちができるのが、自律神経を乱れないように生活をすることです。自律神経の乱れの原因となるのは生活リズムの乱れやストレス、ダイエットなどと言われています。この原因となることを避けることが、女性ホルモンの働きを促すことにつながっていきます。特に22時から2時のゴールデンタイムと呼ばれる時間の睡眠は、体にとってホルモンバランスを整えるのにとても重要な時間帯です。この時間帯には、できるだけ睡眠をとる生活を送れるようにすることが大切になってきます。

子宮内膜を柔らかく厚く育てるためには血流も大切

言葉を聞いただけでは、関係ないように感じる方もいると思いますが、血流、血行が良いことも妊娠するためには大切な要素となります。漢方の考え方では、子宮への血流をよくすることと温めることで子宮内膜は育ち、赤ちゃんを迎える準備をするという考え方もあります。

卵胞ホルモンや黄体ホルモンが子宮内膜に働きかけ、子宮内膜を柔らかく厚くするように作用したとしても、血流がよくなければ子宮内膜も妊娠のための着床に向けて発達することができません。厚く柔らかい子宮内膜にするためには、血流がとても大切になってきます。血液の働きとしても、細胞に栄養や酸素となる成長の元を運び込み、細胞から不要になった老廃物や二酸化炭素を回収する役目があるので、子宮内膜が発達するときにもこの血液の働きが重要になります。さらには、先ほども説明していたホルモンも、この血液に乗って運ばれており、血流が良いことが重要になります。

しかし、子宮内膜の血流の程度は、自身ではなかなか把握することは難しいです。病院に行けば測定することも可能ですが、血流をよくするための努力は自分でもできるのです。
なぜ葉酸サプリなのか?

着床しやすい環境には血液も大切

今までにホルモンの働きや、血流が子宮内膜を柔らかく厚くするためにはとても重要と説明させていただきました。

その中でも血液の働きでホルモンのが子宮や卵巣に届いたり、栄養や酸素を運ぶことについてもお話させていただいていました。

それだけ、血液そのものが着床しやすい環境にするために重要になってくるのです。

その血液についてさらに深く見ていきたいと思います。
chakusho4
血液の働きとして栄養と酸素を全身に運び、二酸化炭素と老廃物を回収する役割があります。その中でも、栄養は食事から摂取したり、体内で生成し全身に運ばれます。

同様に老廃物も細胞から血液へ渡され、処理する臓器まで運ばれています。

これとは違う経路なのが酸素と二酸化炭素の運ばれ方です。酸素は息を吸うことで、肺まではとりこめますが全身に運ぶためには、血液の中でも赤血球の働きが重要になってきます。

栄養と違い、血液の中の赤血球が酸素を運ぶためには必須となってきます。同様に二酸化炭素の運搬にも赤血球が必要となります。

その赤血球は鉄とタンパク質でできていて、寿命は約120日と言われています。寿命があることから、赤血球は体の中で作り続けなければならず、それには葉酸とビタミンB12が必要になります。子宮や卵巣に必要な栄養は、前述のとおり食べ物で適切に摂取していくことが大切になります。そして、新鮮な酸素を必要な量運ぶために必要なのが、赤血球であり、葉酸やビタミン12、鉄分になってきます。

これらも食べ物から摂取することもできます。しかし、着床しやすい環境を作り、妊娠し、出産に至るためには食事だけでは不足しがちなので、サプリメントとして摂取することをお勧めします

特に葉酸については、酸素を運ぶ赤血球をつくる役割以外にもまだまだ重要な働きがあります。ゆえに特にサプリメントを利用して摂取することをお勧めしています。
なぜ葉酸サプリなのか?

着床時の様々な体調の変化についてのQ&A

着床時期の体調変化はどうして起こるの?
着床をきっかけに、女性の体は妊娠を継続するために変化が始まります。妊娠に伴って女性ホルモンが放出されることから、ホルモンバランスが変化することや、子宮そのものが大きくなる事、血液量を増やすために体に水分を貯めようと働くことなどによって様々な体調の変化が起こります。
着床時期に体温低下することあるの?
一般的には、排卵期を境に低温期から高温期に切り替わり、妊娠が成立すると高温期が妊娠12~15週ごろまで継続すると言われています。しかし、高温期となってから7~10日後に一時的に体温が低下することがあり、これをインプラテーションディップと呼びます。これは、着床によるホルモンバランスの変化による影響といわれており、海外では着床の兆候として知られています。
着床時期に低体温になることはあるの?
生理周期では大きく分けると低温期2週間、高温期2週間、その間に排卵日があります。高温期は非妊娠時でも2週間(14日間)継続し、妊娠時は妊娠12~15週ごろまで継続すると言われていますが、妊娠時に高温期となってから7~10日目で一時的に低体温になることがあります。着床によるホルモンバランスの変化がもたらした影響で、インプラテーションディップと呼ばれており、海外では着床のサインだと広く認知されています。
着時期に冷えは感じる?
着床により女性ホルモンが放出されることにより、ホルモンバランスの変化が起こります。ホルモンの放出を担っている脳は自律神経を司る働きもあり、自律神経も乱れることがあります。自律神経の乱れが、冷えを感じさせることにつながります。そのために、締め付けの強くない靴下などを利用し、冷え対策をしましょう。また、冷たい飲み物を避け、温かいものを口にするようにしましょう。
着床すると太るって本当?
着床することによって、様々な不快症状が出現することから、今まで行っていた運動ができずに太ることもあります。妊娠を継続するために大切なプロゲステロンというホルモンは、空腹を感じさせる作用もあります。また、腸の働きが低下することによって、便秘や腸内にガスがたまることによって腹部が太ったように感じることもあります。
着床すると背中痛も起こる?
妊娠すると腰痛に悩まされることもありますが、その痛みが背中に及ぶこともあります。これは着床すると子宮が大きくなることに備えて、靭帯が柔らかくなる必要があります。リラキシンというホルモンが、骨盤内の靭帯が柔らかくします。これによって、骨盤が安定せずに姿勢を安定させるために、筋肉が凝り固まり血流が悪くなる事によって、背中の痛みも起こると言われています。
着床時期にめまいって起こるの?
着床により妊娠に大切な女性ホルモンが放出されることにより、血管がゆるくなってしまうことにより、血圧が低下しやすくなることによって、一時的にめまいをおこすことがあります。血液量も増加しますが、血液の中の成分が増えるわけではなく、今までより血液が薄くなってしまう状態になり、貧血と同様にめまいを引き起こすこともあります。血糖も下がりやすくなり、低血糖によりめまいが生じることもあります。
着床時にたちくらみは起こる?
着床時期のめまいと同じ理由で、血管がゆるくなり血圧が低下することによって、脳への血流が弱くなり、立ちくらみも起こしやすくなります。急に立ち上がると症状が出やすい為、動作はゆっくりと行うことで予防しましょう。
着床時から貧血は起こるの?
着床により妊娠が成立し、これから赤ちゃんを成長させるためにも血液量が増加します。しかし血液の中の成分は増えずに、今までよりも薄い血液となってしまいます。そのために、貧血を起こしやすくなります。また、女性は生理によって出血が定期的にあり、男性より貧血を起こしやすい為、妊娠前から鉄分や葉酸の摂取が望ましいです。
着床時に喉は渇く?
着床することにより妊娠が成立し、身体は水分を貯めようと働きます。それによって、今までよりも水分量を欲するために、喉が渇くこともあります。
着床時期に喉が痛いと感じる?
着床時期の妊娠超初期症状として、風邪の様な症状が現れることがあります。妊娠超初期症状の風邪の様な症状と風邪を区別するときに、喉の痛みの有無で判断するという意見もあります。しかし、ホルモンバランスの変化により免疫機能が低下しているために扁桃腺が腫れることもあり、喉の渇きを感じることや、咳がでることによって喉に痛みがでる場合もあります。
着床後からだるいと感じる?
妊娠すると水分を貯めるように体が変化し、また子宮が大きくなることによって血液循環が悪くなり、足のむくみがでてしまい、足のだるさを感じることがあります。またホルモンバランスの変化や、高温期による良い睡眠がとれないこと、微熱などによっても身体が疲労しやすいために、だるいと感じることがあります。
着床後から倦怠感を感じることはあるの?
着床後のだるいと感じる理由と同じで、倦怠感を感じることはあります。また、高温期のために自分が思っているよりも体は働いており、それによってさらに倦怠感を感じることもあります。
着床後に口内炎はできる?
女性ホルモンが着床によって多く分泌されることで、ホルモンバランスの変化が起こりることによって、免疫機能が低下し口内炎が起こりやすくなります。また、他の不快症状から口腔ケアを満足にできずに、口腔内が不潔になることも原因の一つです。食事も満足にできない場合は、栄養不足からも口内炎は起きることがあります。
着床後に寒気を感じる?
着床することによって高温期が継続します。高温期になると身体の設定温度が高くなっている状態のため、周囲の温度が低く感じることが寒気につながります。また、ホルモンバランスの変化により自律神経の乱れがおこり、上手く体温調節ができないことによっても寒気を引き起こすことがあります。貧血やつわりによっても寒気を感じることはあります。
着床時期から寒いと感じる?
着床後に微熱があると感じる方がいるように、高温期になると体温が上昇している状態になります。体温が上昇している状態では、それまでより周囲の温度からの影響を受けやすく、寒いと感じることがあります。
着床時期に胸の張りはでる?
着床することによって妊娠し出産するために、身体には様々な変化が起こります。授乳に備えて、乳腺組織の発達や乳管の発達がはじまり、この変化によって胸の張りを感じることや、乳首がとても敏感になる事もあります。
着床後に動悸を感じることはある?
妊娠が成立しはじめるとともに、子宮は大きくなり始めます。子宮が大きくなる事によって、臓器を圧迫してしまいます。また、血液量も増えることから今までより心臓の負担が増えることから、動悸や息切れなどの症状を引き起こすことがあります。
着床後に鼻血はでる?
着床をきっかけに、身体は水分を貯めるように働き、血液量は増加します。さらに、ホルモンバランスの変化によって鼻の粘膜が腫れ、鼻の粘膜が弱くなってしまいます。そのために、鼻血がでやすい状況となってしまいます。さらに血液量が増加しても、血液の中の成分は増えないために、血液を止める働きが弱くなる事で、出血が多くなる傾向があります。
着床時に扁桃腺は腫れる?
着床することによって女性ホルモンが多く分泌し、ホルモンバランスの変化から免疫機能が低下し、扁桃腺が腫れる場合があります。また、高温期による微熱や、他の不快症状も出現することがあります。
なぜ葉酸サプリなのか?

着床まで気をつけること。してはいけないこと、実はしても大丈夫なこと等

妊娠を成立させるためには、正常な精子が正常な卵子と出会い、受精し、着床することが必要です。

精子と卵子が出会うためには、排卵がきちんとあることも大切になってきます。

せっかく精子と卵子が出会い、受精卵となることができても着床しなくては、妊娠成立しません。そのために、着床まで気をつけることを確認しましょう。

飲み物で気を付けることはどんなこと?
妊娠するとアルコールはもちろんカフェインも控えるように言われています。アルコールの影響は、発達遅延を引き起こす原因だけではなく、低体重であるとか顔面を中心とする奇形を引き起こしてしまう可能性があると言われています。カフェインは早産や低体重となると考えられています。カフェインが血管を収縮させることで、動機を引き起こすことや、興奮作用があるために赤ちゃんの成長を妨げる可能性があります。受精卵の状態では赤ちゃんに直接には、口にしたものが影響することはありません。しかし、子宮内膜が着床しやすい状態になるためには、血流はとても大切なために、カフェインの影響が全くないとは言い切れません。日本には明確な数値の規制はありませんが、イギリスでは妊娠時で1日200㎎と決まりがあります。非妊娠時では1日300㎎以下となるよう目標値があり、着床まではコーヒーなら1日3杯程度が目安となります。カフェインを含む飲み物は、コーヒー以外に、紅茶、緑茶、ウーロン茶、ハーブティー、ココア、コーラ、栄養ドリンクなどがあります。
着床までなら喫煙は大丈夫?
妊娠中にタバコを吸うことによって、低体重になる確率が高まります。一般量で-200g、ヘビースモーカーで-450gも平均より小さく生まれるという報告があります。低体重で生まれた赤ちゃんは将来的に高血圧や糖尿病、肥満などの様々なリスクが高くなると言われています。乳幼児突然死症候群のリスクも高まるという報告まであります。早産や流産、常位胎盤早期剥離の可能性も高くなると言われています。常位胎盤早期剥離は分娩時に、胎盤が赤ちゃんが生まれる前に剥がれてしまうことで、赤ちゃんの脳へのダメージが及ぶ恐れもあり、母体の命も危険にさらされる可能性があります。先天異常や感染症のリスクまで高めてしまうと言われています。タバコに含まれるニコチン成分が、血管収縮作用があります。着床するためには子宮の発達が大切になり、子宮への血流が阻害されてしまうので、喫煙はやめましょう。また、着床前にタバコを吸っていた人にとって、タバコの依存性の高さから、着床後すぐにタバコを止めることは困難です。妊娠希望時からタバコは止め、赤ちゃんを迎える準備をしていきましょう。
ストレスにも気を付けた方がいい?
妊娠中のストレスによって、低体重の原因となることや、流産や早産のリスクが高まると言われています。慢性的なストレスが妊娠中にかかっていれば、赤ちゃんが大きくなってからも情緒不安定やうつ病、ADHD(注意血管障害)となると考えられています。ストレスは自律神経に影響を及ぼします。妊娠するためには、排卵があり、着床しやすい環境ができていることが大切です。自律神経に影響を及ぼすことで、排卵がうまく行われず周期の乱れや無排卵となることもあります。また、着床しやすい子宮となるためには、血流が大切になるので、ストレスによって血流が悪くなることは避けたいです。着床前のストレスも良い影響はありません。
ヘアカラーはしてもいいの?
妊娠中にヘアカラーはしない方がいいという話もありますが、薬液自体が直接的に赤ちゃんに影響を及ぼすという報告はありません。ヘアカラーやパーマなどをする時には、長時間同じ姿勢になるために妊娠中は負担が大きく、皮膚が敏感になっているために薬液の影響を受けやすく、臭いにも敏感になっており気分が悪くなる可能性がある為です。そのため、着床前のヘアカラーは特に問題はありません。
温泉、岩盤浴はいいの?
2014年までは温泉施設には、禁忌の対象に妊婦が書かれていました。しかし、禁忌となった理由も不明確であり、温泉のミネラル成分による妊娠中への影響についても、研究結果では悪影響を及ぼすというものは出ていません。しかし、妊娠中はお腹のふくらみによってバランスを崩しやすく、足元も見えづらいこと、めまいも起こしやすいことから注意が必要です。岩盤浴については、大量の発汗が脱水の危険も高くなるために注意が必要です。着床前から温泉で注意が必要なのが、感染についてです。多くの人が利用する温泉施設などの、脱衣所や椅子からの感染が全くないとは言えません。着床前の岩盤浴も、感染の可能性が全くないとは言えません。特に岩盤浴は細菌やカビが繁殖しやすく、人の入れ替わりごとに清掃を行っていないところがほとんどです。レジオネラ菌の感染では、薬の投与が必要になってくるために、着床前に感染したとしても、投薬期間によっては胎児への影響も考えられます。寝不足、少し疲れている時や、風邪気味など、体調がよくない時は免疫力も下がっていることが多いため、着床前でも自宅のお風呂を使うことが感染予防につながります。着床しやすくするために、お風呂は賛否両論ありますが、熱いお湯での長風呂は体に負担があるのでやめましょう。熱すぎないお湯で下半身を中心に入り、血流を良くすることは普段の生活でも大切です。
妊娠が成立するためには、正常な精子が正常な卵子と出会い、受精し、着床することが必要です。着床しやすい環境をつくるためには、子宮に血液が巡ることが大切になってきます。そのためには、着床前からカフェインの過剰摂取や喫煙、ストレスを抱えることは避けましょう。
なぜ葉酸サプリなのか?